+

破天蒼月

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 破天蒼月(小説) □

絶望の中の光明11

なおもクリムゾンバルログの数は多い。旋回する群れはあいかわらず空を覆い隠す。
船上に降り立ったクリムゾンバルログの咆哮が空気を引き裂く。
「我が力となれ、破天げ・・・」
もはや破天蒼月の力を借りるしかないと思い紋章解放の呪文を唱えようとした。しかし途中で香奈美に肩を掴まれて後ろに引かれた。
「シュウちゃん、それはすっごく体に負担かけるんでしょ?それは最終手段にしましょう」
「しかし、そうもいってられない」
私は再び扇子を構えた。
「ねぇ、シュウちゃん。シュウちゃんも氷雷を得意とするよね。あの人のような魔法は出来ない?」
香奈美は紅い女魔術師を見つめていった。
紅い女魔術師は雷槍を素早く作り出し次々にクリムゾンバルログを沈めていく。
「あれは上級魔法だよ。今の私にはまだ難しい」
破天蒼月を使わない限り私の役目は回復役の香奈美を守る以外役に立てることはなく近づいてきたクリムゾンバルログをコールドビームで牽制する。それに紅い女魔術師は気づきそれを討った。
次々とクリムゾンバルログを打ち倒し屍は船上に山をつくる。しかし焼け石に水。いまだクリムゾンバルログの数は百体をくだらないだろう。
床に勢いよく紅い女魔術師の杖がつかれた。紅い女魔術師は肩で息をしており額には玉のような汗を浮かべていた。
彼女は強い。しかし数があまりに多すぎるのだ。
「しまった!!」
彼女が息をついた一瞬の隙をついてクリムゾンバルログの咆哮と共に黒い雷が船を舐めるように走った。同時に甲板が大破し客室がむき出しとなった。そして私達も足場を失い客室まで落下した。
スポンサーサイト


→ 「破天蒼月(小説)」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2006/03/04
Trackback:0
Comment:4

Comment

* こ、これは。。。

誰かお墓か!?
楽しくなってきましたね!
楽しみに更新待っています
2006/03/04 【リルカ】 URL #zQwTZWAg [編集]

*

お・・・本当に墓か!?
2006/03/04 【香奈美ちゃん】 URL #Sq9oM5Os [編集]

* ほむほむ

ロキアルドは動かないのかな(ぁ
けどすごい数のバルいるんだね・・・でも紅い人相手じゃ数がいても勝てないかな・・・
2006/03/05 【rokia】 URL #/5LHBRow [編集]

* コメントありり☆

お、お墓回避!!
なんとか防ぎましたb

ロキアルド、いたりするけど・・・はてさて・・・
2006/03/05 【シュウレイ】 URL #jJa68FlY [編集]

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。